部屋について説明している女性

賃貸物件で部屋探しをするときには、マンションかアパートか、いずれかの選択をすることになります。しかしマンションとアパートの違いについて正確なところを把握しているのは案外、少数にとどまるのではないでしょうか。
実はマンションやアパートと言うのは不動産管理会社やポータルサイトなどが便宜的に分類しているにすぎず、法律上は明確な違いは定められていません。比較的普及している区分けでは、RC造などの強固な構造の集合住宅をマンション、木造や軽量鉄骨増などの集合住宅をアパートに分類されています。

マンションとアパートを分類することのメリットとしては、家賃の目安になる点を指摘できます。一般的にマンションに比較すると、アパートのほうが家賃は安い傾向が見られる違いは見られるようです。デメリットとしては、アパートには防犯性や設備などが古くなっており陳腐化しているとのイメージが強くなる点を挙げることが出来ます。

同様に類似した分類に、賃貸と分譲賃貸の違いと言うものもあります。賃貸物件と言う点では共通していますが、設備のグレードや防犯性や防音性などの点で違いがあります。一般的な賃貸物件は当初からかしだすことを目的に設計されているので、売買目的で設計されているマンションに比較すると”安普請”になる傾向があるのです。

これに対して分譲賃貸と言うのは、分譲して販売する目的で建築されたマンションを購入者がかしだすというもの。分譲賃貸は投資目的で購入したり、一時的に転居などして部屋を有効利用する目的で賃貸されるのが一般的です。分譲賃貸のメリットは共用部分も含めた建物のグレードが高く、防犯性や耐震性などの機能面でもレベルが高いことにあります。

分譲賃貸のデメリットとしては物件数が少ないことがあります。販売目的なので当初から賃貸を目的にしていないので、物件数が不足気味なのは否定できません。タワーマンションなどを購入するのは無理でも、賃貸で居を構えるなどのニーズに応えるのが、分譲賃貸と位置づけることができるでしょう。
また定期借家と言うキーワードも抑えておくべきです。定期借家とは、契約期間を明記した書面を取り交わすことで1年未満の契約の有効性も認めるというものになります。一般的な借家契約では借主保護の側面が強く土地の有効活用の面では課題をかかえていました。そこで新たに定期借家を認めることで、貸主の土地の有効活用と借主の住居確保の要請を調和させて制度化されたわけです。

記事一覧

賃貸マンションやアパートで生活をはじめるには、各種の初期費用を支払うことが必要になります。初期費用を...

訪日外国人は年間2,000万人をこえ、日本に興味を持つ外国の人は確実に増加しています。なかには日本の...

多くの賃貸契約では契約期間は2年を一区切りに設定しているところが一般的です。この2年という期間には法...

賃貸マンションなどの部屋探しをするときには、間取りや広さ、バスとトイレが別になっているかなどの水回り...

きれいな部屋

池袋駅はJR東日本に東部鉄道・西武鉄道や東京メトロなどの各社私鉄が乗り入れる、東京三大副都心のひとつ...

夫婦に鍵を出す女性

品川駅にはJR東日本をはじめ、京浜急行やJR東海の新幹線などが乗り入れるターミナル駅として、日本有数...

アパート

お部屋探しをするなら、取扱物件数が豊富な大手不動産業者を利用するのがおすすめです。豊富な物件数のなか...

高級なマンション

これまでの賃貸物件でのお部屋探しは、不動産情報サイトなどに登録して、希望エリアのなかから各人に応じた...