• ホーム
  • 【最新版】東京・品川駅周辺のおすすめタワーマンション賃貸情報

【最新版】東京・品川駅周辺のおすすめタワーマンション賃貸情報

夫婦に鍵を出す女性

品川駅にはJR東日本をはじめ、京浜急行やJR東海の新幹線などが乗り入れるターミナル駅として、日本有数の乗降客を誇ります。品川駅周辺を中心に複数の都市再開発計画が進行しており、今後も交通機能の強化や都市機能の充実などがはかられる予定です。
品川駅を中心に近隣には、ビジネス街や各種の商業施設や専門店なども数多く展開しており、ビジネスの街の側面だけでなく、ファッションやグルメなどのニーズにも応えることのできる側面も持つ場所に変貌しているのです。再開発事業にあわせて地区全体の居住性を高める為に、数多くの高級賃貸マンションが建設されています。そんな副都心品川で、おすすめのタワーマンションの特徴をご紹介します。

フェイバリッチタワー品川は、2006年10月に完成した全戸数223戸数のタワーマンションになります。築年数は13年ほどのフェイバリッチタワー品川ですが、スカイビューデッキやラウンジ、パーティールームなどの共用設備が充実しており、オートロック・防犯カメラなど防犯性能も高くなっている高級賃貸マンションです。

品川ハートビュータワーは建築年が2019年2月になっており、築年数が1年にも満たない新築の賃貸タワーマンションになります。品川ハートビュータワーでは暮らしやすさに配慮して、各種設備が充実しているのが特徴です。エアコン標準装備でレンジフード、換気扇、タンクレストイレなど普段の生活を快適にする器具が揃っています。トリプルのオートロック機能やカメラつきインターホンなど防犯面でも安心です。

コスモポリス品川は、2005年4月建築で築年数14年の地上40階地下2階で、全戸数590戸を数えるタワーマンションになります。コスモポリス品川では、24時間利用可能なフィットネスルームをはじめ、クラブハウスやビジネスラウンジなど共用施設が充実しています。また地上40階にも及ぶ高層タワーマンションでありながら、免震構造を採用しているので地震発生時のゆれも大きく軽減されています。

シティタワー品川は2008年4月建築で、築年数11年の全戸数828戸・地上43階のタワーマンションになります。1LDKから4LDKまでの間取りがあるので、家族の方でも快適に生活できるのがメリットです。シティタワー品川は品川駅から徒歩10分の場所にあり、タワーマンションならではの共用設備の充実振りもポイントです。

品川Vタワーは、平成15年3月に建築され、築年数14年の地上43階地下3階の戸数650戸を数えるタワーマンションになります。品川Vタワーはコンシェルジュサービスをはじめ、充実した共用施設・24時間有人管理など快適安全な生活に配慮された仕様が特徴です。

関連記事