• ホーム
  • 【最新版】東京・池袋駅周辺のおすすめタワーマンション賃貸情報

【最新版】東京・池袋駅周辺のおすすめタワーマンション賃貸情報

きれいな部屋

池袋駅はJR東日本に東部鉄道・西武鉄道や東京メトロなどの各社私鉄が乗り入れる、東京三大副都心のひとつに位置する日本最大規模のターミナルステーションになります。
池袋駅を中心に大型のショッピングモールや専門店、グルメをうならせる各種飲食店などが数多く展開しているほか、美術館や芸術劇場などのアートの街の側面ももっています。
ビジネスやカルチャー・アートなどの情報発信地として、多くの人を惹きつける魅力的な場所ですが、都市再開発の展開に伴って数多くのタワーマンションが建築されています。
そこで池袋の賃貸タワーマンションのおすすめ物件をご紹介します。
パークタワー池袋イーストプレイスは、2008年11月建築の築年数11年の全戸数204戸、地上31階地下1階のタワーマンションになります。
パークタワー池袋イーストプレイスは、専有部分にはオートバスや床暖房・浄水器などの設備が充実しています。
コンシェルジュサービスや、共用施設にラウンジやゲストルームなども用意されているのです。

ザ・タワーグランディアは2004年3月建築で築年数14年の地上38階、地下2階の全戸数358戸を数えるタワーマンションになります。
ザ・タワーグランディアは池袋駅徒歩6分という好立地の場所に所在しており、東京を見晴らす絶好の眺望を誇ります。
洗練された都市生活を可能にする各種設備と共用施設が充実しているのが特徴です。

ブリリアタワー池袋は、2015年3月建築で築年数4年の地上48階建て、全戸数432戸のタワーマンションです。
ブリリアタワー池袋の1階から10階までは豊島区新庁舎や商業施設などが入っており、11階以上の階層が居住エリアになっています。
タワーマンションならではの充実した共用施設や、高級ホテルのようなエントランスなど、贅沢で洗練されたところが人気の賃貸物件になっている理由です。

エアライズタワーは、2007年12月に建築された築年数12年の地上42階、地下3階で全戸数558戸のタワーマンションになります。
エアライズタワーを特徴づけるのは、なんと言っても地下通路が東池袋駅に直結している交通アクセスの良さにあります。
区役所やスーパーにも直結しているので、快適で利便性の高い都市生活を約束できる賃貸物件です。

アウルタワーは2011年8月に建築された築年数8年、地上52階全戸数608戸のタワーマンションになります。
アウルタワーは東池袋駅直結徒歩2分の場所にあり、ランドマークのサンシャインシティのすぐ横の好立地。
共用施設は各種整備されており、クリーニングの取継ぎやタクシーの手配などに役立つフロントサービスも提供されています。

関連記事