• ホーム
  • シングルマザー必見!活用できる住宅支援や入居審査の通り方を解説

シングルマザー必見!活用できる住宅支援や入居審査の通り方を解説

3組に1組は離婚すると言われている時代にあって、片親家庭の世帯数は増加しています。あえて結婚しない選択をする女性も増えていることから、母子家庭の世帯数は年々増加する傾向にあります。片親の世帯のなかでも母子家庭の収入は夫婦世帯に比較しても非常に低額であることが少なくはなく、同年代の平均年収を大きく下回っている世帯の数の多さが問題視されているのです。

原因には正規雇用で就職できる機会が減少し、派遣社員やパートやアルバイトなど不安定で雇用調整されやすい雇用形態が蔓延していることや、男女の賃格差などの影響が指摘されています。
金銭的に余力の少ない母子家庭を中心に片親家庭については、児童扶養手当や生活保護や各自治体で用意されている住宅補助制度やひとり親家族等医療費助成制度などが用意されています。ただし一連の賃貸に際しての各種の住宅支援制度や助成制度には受給資格や受給要件を満たす必要があります。

そこで母子家庭などで活用できる児童扶養手当や各種の住宅補助制度の概要を確認し、母子家庭などの入居審査の注意点などをご紹介します。
児童扶養手当は父または母のいずれか、または両方いない児童がいる家庭を受給資格にして、当該児童を扶養する方に現金を支給する制度です。
児童とは原則として18歳になってから最初の3月31日を迎えるまでの年齢のことを指しており、世帯単位で所定の所得を下回ることが必要です。児童扶養手当の金額は満額支給の場合で、42,290円になっています。

自治体によってはさらに住宅補助制度を運用していることもあり、生活保護を受給しているときも住宅補助のための扶助制度も用意されています。また間接的に住宅支援する制度に、各自治体で提供している、ひとり親家族等医療費助成制度もあります。自治体によって制度は異なりますが、一般的に小学校卒業までの年齢の子供が医療機関を受診したときに、自己負担金を免除するというものが多いようです。

ところで賃貸物件に入居するには入居審査を通過する必要があります。入居審査とは賃貸借契約を締結するにあたり、支払い能力をもっているか用法違反などを行わないで正しく入居物件を取り扱ってくれるかなどについて重点的に審査されます。支払い能力の有無については、賃貸物件の家賃の金額に年収や雇用形態・連帯保証人の有無などの要素が影響することになります。最近では連帯保証人を身内で用意できないことも少なくないので、保障会社の利用がセットになっている場合もあります。

関連記事