• ホーム
  • 部屋探しはどこがいい?分かりやすく大手不動産業者を比較してみました

部屋探しはどこがいい?分かりやすく大手不動産業者を比較してみました

アパート

お部屋探しをするなら、取扱物件数が豊富な大手不動産業者を利用するのがおすすめです。豊富な物件数のなかから希望条件で検索することができるので、より自分の理想に近い物件に巡り合える可能性が高くなるからです。

一度入居してしまうと、不具合や不都合な点が発覚しても簡単には転居できません。入居後に後悔することのないように部屋探しに失敗しないことが何よりも大事です。そこでおすすめの大手不動産業者の特徴をご紹介してみましょう。比較してみると、仲介手数料などだけではなく、色々な側面も見えてきます。あなたの部屋探しの参考にしてみてください。

アパマンショップは、日本最大級の不動産ネットワークを活用して、圧倒的な仲介実績を持っています。アパマンショップ独自開発のアパマンショップオペレーションシステムを採用し、物件情報だけでなく周辺の街の情報や、類似した物件の比較なども可能になっているのが特徴です。

ピタットハウスは、全国650店舗網のネットワークを生かして、お客様の希望条件に合致する案件を数多く提供しています。ピタットハウスでは新築物件をはじめ、敷金礼金0物件など色々な検索条件でお部屋探しを実現。予算やこだわりの条件で賃貸物件を探し出すことができます。ピタットハウスではスタッフの接客レベルアップのために接客コンテストを社内開催することで、ホスピタリティ向上に取り組んでいます。

ホームメイトは全国160万件以上の物件数のなかから、都道府県や地域ごとに絞り込んで、希望条件にあった物件探しが可能になっています。ホームメイトでは、仲介手数料割引物件やフリーレントつき物件などお得な賃貸を実践しています。

レオパレス21は、敷金礼金・前家賃などすべて無料の”トリプルゼロ物件”を多数取り扱っているのが特徴です。しかもレオパレス21仲介物件では仲介手数料が無料になっています。家具家電つき物件も多数紹介しているので、身一つで希望のエリアで居を構えることができるのがメリットといえます。

エイブルは、豊富な物件情報を元に都道府県やエリアごとの検索はもちろん、女性や学生など住人の方の属性に応じて最適の情報を提供しているのが特徴です。エイブルでは、シニア層対応の案件紹介やペット可能など、居住する方の様々なニーズにそった詳細検索が可能になっています。また、個人のお客様だけでなく、法人事業主様向けの情報を豊富に取り扱っています。

関連記事